スポンサーリンク

トイレ掃除のコツをプロが徹底解説します。

掃除、ハウスクリーニング
スポンサーリンク

 トイレ掃除のコツをプロが解説! 

どうもコバシンです!!

前回(けっこう前ですが)洗面台の掃除の仕方を解説しましたが

コレです → 洗面台の掃除が簡単にできるコツをプロが教えます!!

今回はトイレ掃除のコツを解説していきたいと思います。

今回の目次です。

スポンサーリンク

 置くだけのトイレ洗剤は使うな 

よくトイレを流すと勝手に洗剤で洗浄してくれるような置き型タイプの

洗剤がありますが(タンクの中に入れるタイプだったり、タンク上部の

手洗いのところに置く物や、最近では便器の中にスタンプするタイプの

洗剤もあります)これらはなるべく使用しない方がいいです!!

特に色つきの洗剤は使用しないようにしましょう。

なぜ使用しない方がいいのかと言うと、初めは綺麗に見えるのですが

使用する度に今度は便器の方に洗剤の色が着色してしまい落とすには

プロの業者を呼ばないといけないレベルになってしまうからです!!

色つきの洗浄剤を長期間使用したトイレの画像です ↓↓↓

掃除を怠ってしまうとどうしても上の画像のように汚れてしまうので

置き型の洗浄剤の使用について今一度考えてみて下さい。


スポンサーリンク

 実際に施工事例を紹介します 

実際に施工したものを紹介したいと思います。

ここで紹介する事例はかなり汚れているのもなのでこの先の画像は

食事前には見ないようにお願いします!!

では心の準備ができた人はこの先の画像をご覧下さい。

施工前の写真をご紹介します【 事例1 】 

もう一度注意です。
かなり汚れている衝撃的な写真なので食事前はご遠慮下さい!!

↓↓↓↓↓

心の準備はいいですか??

↓↓↓↓↓

いきますよ??

↓↓↓↓↓

ほんとにいきますよ!?

↓↓↓↓↓

それでは施工前の写真です。

引きでもう一枚・・・

さすがにここまで汚れたら業者を呼びましょう!!

自分達でどうにかしようというレベルを超えちゃってますので。。。

ちなみにこのトイレをプロに頼んだとしたら、地域や業者で

値段にかなり開きがあると思いますが、15,000円 ~ 25,000円

くらいお金がかかっちゃうのかな?と思います!!

この値段は参考までに・・・

都心部ではもっとかかるかもしれません!?

 施工前の写真【 事例2 】 

今回の写真は事例1よりもハードな写真になります。。。

心の準備を済ませてからお進み下さい!!

それではいきます。

施工事例2です ↓↓↓


やばいですね。。。
このトイレにどのように入っていたのでしょか・・・

角度を変えて二枚目です。

 施工前の写真【 事例3 】 

少しひどい画像ばかりだったので最後にちょっとマシな写真を
この写真の上部の手洗い場?に付いてある緑色の汚れは
最初に話をした置き型の洗浄剤のせいで汚れてしまったものです!!

この記事の初めに載せたアップ写真は施工事例3のトイレの写真です。

では施工事例3の写真です。

置き型洗浄剤を長く使っていると写真のように洗浄剤のせいで
汚れてしまうという本末転倒のような感じになってしまいます!!

2枚目どうぞ・・・

もし洗浄剤を使いたい場合は色の付いていない無色の洗浄剤

を使用する事をおススメします!!

スポンサーリンク

 トイレ掃除の仕方を解説します! 


それでは実際にどのようにしてトイレの掃除をすればいいのかを解説します。

上の写真のように汚れてしまってはもう業者に頼むしか方法はないので

汚れる前にこまめな掃除を心がけましょう!!

 汚れが付いていない綺麗なトイレの場合 

汚れが付いていなくて日頃のメンテナンス的に掃除をする場合は

塩素系のトイレ洗剤がいいと思います!!

スーパーなどにも売っているトイレハイターでもいいと思います。

自動洗浄じゃないトイレの場合は、塩素系の洗剤を撒いてから次に使うまで

そのまま放っておいてもいいです!!

自動洗浄トイレの場合は、しばらくその場にいてセンサーを作動させないで

少しの間でも除菌させておくのがいいでしょう!!

 汚れがこびり付いてしまった場合 

トイレブラシでも落ちにくくなってしまうくらい汚れを放置してしまった場合は

酸性洗剤を使用しましょう!!

汚れがまだひどくない場合はスーパーに売ってるサンポールで十分です。

コレ → ですね!!

汚れが洗剤で十分に濡れるようにして自動洗浄じゃない場合は

しばらく放置をした方がいいでしょう!!

トイレブラシで落とせるようならトイレブラシで擦って下さい。


 硬いスポンジを使用しよう! 

トイレブラシでは落ちにくい場合は少し硬めのスポンジ等で擦り落として下さい!!

スポンジで擦る前に必ず洗剤を汚れに直接つけて汚れを落としやすくしましょう。

下の画像のような物は100均に売っているので ↓↓↓

そこまで頑固じゃない汚れならすぐに落とせるはずです!!


 スポンジでも落ちない場合は耐水ペーパーを使ってみよう! 

上の画像のスポンジで落ちない場合は薄い耐水ペーパーを使用しましょう。

耐水ペーパーを使用する際の注意ですが、

陶器の便器のみ使用可能です!!最近は少しプラスチックぽい

素材のものもあるみたいなので陶器以外には使用しないように!!

耐水ペーパーは200番くらいの粗すぎないものを使用しましょう。

心配な場合はもっと薄い500番くらいから徐々に粗いものを使用していきましょう!

ペーパーで擦る時は汚れに執着し過ぎて一点集中で擦らないようにして下さい。

傷つけてしまう原因になる場合があります!!

サボったリングなどは薄いペーパーなどが取りやすいと思います。


 上記の方法でもなかなか落ちない汚れには。。 

上記のやり方でも落ちない汚れの場合はもう少し強い洗剤を使う必要が

あります!!しかしプロが使うものはなかなか手に入らないと思うので

プロが使うものと同じような洗浄力が期待できるこの商品

尿石用 洗浄剤 100ml トイレ 洗剤 WHOLE HOUSE03 定形外郵便で送料無料尿石除去剤 尿石クリーナー 尿石取り剤 高濃度ジェルトイレ洗浄 掃除 トイレ黄ばみ 黒ずみ 悪臭 業務用 尿石取りプロも愛用

を上記の方法のように使用してみて下さい!!

洗剤で十分に汚れを濡らして少し放置したのちに

耐水ペーパーなどで擦って汚れを落とします。

塊になって汚れている場合は、スクレーパーなどで塊を

多少落としてから耐水ペーパーで擦りましょう!!


スポンサーリンク

 上の写真の施工後写真を公開 

なんかいろいろベラベラ説明してたけど本当にあのトイレを綺麗にできたの??

ほんとにプロなの??なんて疑っている人がいたりするかもしれないので

ちゃんと施工後の証拠写真を載せますね!!

初めに言っておきますが、新品に変えたりとかしてないですからね。

純粋に清掃だけです!!

本当にしっかりと掃除ができれば、そこの空間は何故か明るくなります。

今回も写真で明るくなる感動をご体験下さい!!

 施工事例1の施工後写真 

施工前の写真をもう一度・・・

この汚れがプロの掃除で ↓↓↓

もう一枚

どうですか!?綺麗になってますよね!!
諦めてしまいそうな汚れも新品みたいに綺麗にできます。

 施工事例2の施工後写真 

施工事例2の施工前写真をもう一度・・・

これは本当にプロでも手こずりました、、、
でも流石プロと言ってもらえる仕事をしたと思います↓↓↓

もう一枚

掃除だけでびっくりするくらい明るくなりましたね!!
この写真の壁紙も床も全て掃除だけで綺麗にしました。
張替など一切行っていません!!
これぞプロの仕事ですね。自画自賛!!

 施工事例3の施工後写真 

施工事例3の施工前写真です。

これが施工後は ↓↓↓

もう一枚

スポンサーリンク

 今回のまとめ 


置き型の洗浄剤の使用は考えよう!!(無色の洗浄剤なら問題ないと思います)

日々のメンテナンスくらいの汚れなら塩素系洗剤がおススメ。

汚れが付いてしまったら酸系洗剤の使用がいいでしょう!!

硬めのスポンジ → 耐水ペーパー500番 → 頑固な汚れなら徐々に粗くしてみる。

それでも落ちない汚れはプロにお願いしよう!!

上の写真のように便器を変えた方がいいんじゃないかって程の汚れでも

落とす事は可能です!!諦めてしまう前に プロのハウスキーパーが家事をサポート・クラシニティ

などのプロに相談してみた方がいいかもしれませんね!!

今回の掃除ブログは以上です。

次回の掃除ブログもお楽しみに!!






(Visited 79 times, 1 visits today)

コメント